読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

【中国投資家(VC)市況】中国の2016年のベンチャー投資市場は、冷え込んでるのか?

中国の2016年のスタートアップ投資市場は、冷え込んでいるという話を聞いたので、少し詳しく調べてみました。

 

www.199it.com

 

創投圏(VC.CN)の2017年1月16日に発表した<2016中国ベンチャー投資業界の年度市況レポート>を見つけたので、こちらをご紹介します。

 

 

<2005年〜2016年中国ベンチャー投資市場状況比較

f:id:NoBorder:20170123001528p:plain

 

このレポートによると、

2010年までは、年間200〜350億元(3,000億円〜5,500億円)程度で、件数も1,000件以内で推移。

2011年に急増してから、右肩上がりに増加傾向にあり、2015年には激増して1,293億元(約2兆円)、件数も3,445件に増加しています。

 

2016年はというと、2015年からほぼ横ばいで、1,254億元(約2兆円)、3,440件となっています。

微減といったところでしょうか。

 

この微減の状況で、投資家に「ベンチャー投資市場は、冷え込んできたのか?」というアンケートを実施した結果、約半数が「まだ冷え込んでいない」と答え、30%が「なんとも言えない」、15%が「既に冷え込んできている」と答えたようです。

 

 

<2016年中国融資案件業界カテゴリ分布>

f:id:NoBorder:20170123001532p:plain

 

融資案件の業界分布では、

1位:エンタメ 12.53%

2位:企業サービス 12.26%

3位:ネットショッピング(EC) 11.55%

4位:金融 9.90%

5位:医療・健康 7.82%

となっています。

 

エンタメは、映客(インカー)や斗鱼(ドウイー)などの生放送(直播)アプリが多いと思います。

企業サービスは、滴滴(didi)やmobikeのような配車アプリや、シェアサイクルのようなサービスでしょうか。

ネットショッピングは、小红书(RedBook)のようなネットショップモールやEC店舗アプリだと思います。

 

 

 

 

<ベンチャー投資家の注目するラウンド>

f:id:NoBorder:20170123001536p:plain

 

注目されている投資ラウンドは、

1位:Aラウンド

2位:Pre-Aラウンド

3位:エンジェルラウンド

4位:Bラウンド

となっています。

 

意外とエンジェルラウンドが3位なんですね。

中国だとエンジェルラウンドが多いイメージがありましたけど、投資市場が大きい分、リスクが大きく、なかなかエンジェルラウンドに張りづらいってことなんですかね。

 

とはいえ、2016年の中国エンジェル投資件数は、2015年の2,075件よりも減少しているものの、投資金額は、121.92億元(約1,900億円)と、2015年の101.88億元(約1,600億円)よりも約20%も増加しています。

 

これは、初期のエンジェル投資を必要とする起業家にとっては嬉しいデータかもしれないですね。

 

 

 

<ベンター投資家が毎週平均で見ている投資案件数>

f:id:NoBorder:20170123001540p:plain

 

約半数が、1件〜10件程度の投資案件を見ているとのこと。

更に、31.2%が11件〜20件、17.6%が20件以上も見ている。

 

正直、日本のベンチャー投資家がどの程度、毎週見てるか分からないですけど、どう考えても、中国のベンチャー投資家の精査数が圧倒的に多そうな感じがしますね。

 

 

<2016年中国ベンチャー投資参加機関数>

f:id:NoBorder:20170123001545p:plain

2/3の投資ラウンドが、1社での投資のようですね。

続いて、2社、3社、4社以上となっています。

 

 

 

 

<ベンチャー投資案件はどこから来るのか?リファラー>

f:id:NoBorder:20170123001549p:plain

ベンチャー投資家が、投資案件を知るきっかけは、

1/3が自ら探していて、1/3が友人の紹介、残りの大半がファイナンシャルアドバイザー経由のようです。

 

何れにしても、ほとんどが結構アナログな感じですね。

意外と、そういう投資家と起業家が出会うプラットフォームのようなものが存在しないってことなのかな。

 

 

<2016年注目の投資案件>

f:id:NoBorder:20170123001554p:plain

 

1位:映客(インカー)

生放送(直播)アプリの映客(インカー)がダントツの1位ですね。

f:id:NoBorder:20170123005428j:plain

f:id:NoBorder:20170123005433j:plain

 

www.inke.cn

 

 

 

2位:摩拜単車(モバイク)

5位:ofo

2位の摩拜单车(モバイク)も5位のofoも、共に、レンタサイクルサービスですね。

 

2016年には入ってから、上海でもシェアサイクルが街中で激増してて、僕もたまに使ってます。

f:id:NoBorder:20170123005451j:plain

f:id:NoBorder:20170123005455j:plain

 

mobike.com

www.ofo.so

 

 

 

3位:VIPKID

3位のVIPKIDは、アメリカの正規の英語の授業を1対1形式で、オンラインで受けられるサービスですね。

f:id:NoBorder:20170123005713p:plain

 

www.vipkid.com.cn

 

 

 

4位:Keep

4位は、「運動測定」と「ソーシャル」が連動したアプリですね。

これは、僕も知らなかったです。ソーシャルと連動してるので、流行りそうですね。

 

 

www.gotokeep.com

 

 

6位:papi酱(パッピーちゃん)

6位のpapi酱(パッピーちゃん)は、中国では非常に有名なネット有名人です。

短編動画の配信で人気が出て、2016年3月には1,200万元(1.8億円)の投資を受けています。

 

f:id:NoBorder:20170123011839j:plain

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

●参考ソース

www.199it.com

 

 

 

●関連ブログ

sugarmonkey.hatenablog.com

sugarmonkey.hatenablog.com

sugarmonkey.hatenablog.com