SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

面白い物があるいうたら、分からなくても行ってみると挑戦してみると

JTのアナザースカイで、「安藤忠雄」の回。

 

f:id:NoBorder:20140408011916p:plain

71歳と思えない彼のバイタリティに強烈な刺激と憧れを感じる。

 

元プロボクサー「グレート安藤」は、チャンピオンのパンチの強さに衝撃を受けて、独学で建築家に。

 

彼の頭の中に不可能なんてない。

 

20代の駆け出しの若者だった彼が、1965年、日本が海外渡航解禁になったその年に、ニューヨークをゴールにした世界一周に出かけた。

 

そこで見たあらゆる建築に刺激を受けて、感性を磨いた。

 

彼は言う。

「面白い物があるいうたら、分からなくても行ってみると挑戦してみると」

f:id:NoBorder:20140408011912p:plain

 

 

10階ぐらいなら、エレベーターさえ待たない究極のせっかちの彼のモットーは、スピードスピードスピードだろう。

 

 

中国の建築現場、政府からの依頼で美術館を作る計画が、突然リゾートホテルみたいにしてくれと言われたと。

 

 

えーーー!っと笑ってしまった。

 

それでも、ショック受けるんは、2、3分で十分。

 

すぐに次の結論を出さんといかん。

 

そんなもん、一旦持ち帰ってなんて言っとったら、世界のスピードについていかれへん

 

 

即判断、即対応、即行動

 

 

彼は、

 

若いもんがエレベーターなんか使っとったらいかん

 

スケジュールを自分で管理できんようになったら、仕事やめる

 

荷物を自分で持たんようになったら、海外にいかん

 

 

と言い切っている。

 

 

 

71歳にここまで言われて、30歳の私がなんと言えるだろうか。

 

 

 

そう、

即判断、即対応、即行動

 

 

とにかく、やる!

 

そんだけ!

 

 

 

 

広告を非表示にする