SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

中国天猫1年に1度の大商戦「双十一(ダブルイレブン)」の取引額の行方は?

11月11日は、中国電子商取引における1年で最大の商戦日。

 

先日のナスダックへの超大型上場で、今年の話題をさらったジャック・マー率いるアリババグループ。

 

そのアリババグループの中でも最大級のイベントが天猫商城「双十一(ダブルイレブン)」。

 

中国で独身の日と呼ばれる「光棍节(Guang Gun Jie)」に、独身者は自分のためにご褒美を買おうとして始まった超大型キャンペーン。

 

24時だけ行われるこのイベントには、フラッシュセールということもあり、多くの有名ブランドが参加。

 

「天猫商城(Tmall)」は、正規品だけを扱うB2Cのモール。

偽物が多い中国において、ちゃんとした正規品を格安で購入できる大チャンスとあって、この一日で莫大の取引が行われる。

 

 

◆2012年の取引額

191億元(約3,056億円)

 

 

◆2013年の取引額

 

350.19億元(約5,600億円)

f:id:NoBorder:20141111002539j:plain

 

実に、約183%増

 

f:id:NoBorder:20141111002618p:plain

 

 

そして、今年の双十一(ダブルイレブン)の取引額予想は、

 

 

500億元(約9,000億円)以上

 

 

下手すると、1兆円超えるかもしれないですね。。。苦笑

 

 

本当に、現実味のある数字です。

 

 

さて、あと40分で始まります。

 

 

今年はどこまで行くんでしょうね。楽しみです。

 

 

ちなみに、去年の1店舗の最高売上はこちら


タオバオ天猫の「双十一」で最も売った店舗はココ - SHANGHAI★BASE

 

f:id:NoBorder:20141111002623p:plain

f:id:NoBorder:20141111002623p:plain

 

広告を非表示にする