SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

中国のネットスピード、、、やはりこんなものか

 

蓝汛通信今日发布了2012年第四季度中国互联网报告。报告显示,去年第四季度上海平均网速约为4.04Mb/s,高居全国榜首

该报告显示,2012年第四季度,中国平均网速为2.59Mb/s,高于第三季度的2.31Mb/s。上海平均网速约为4.04Mb/s,是中国唯一一个平均网速高于4Mb/s的省份(直辖市)。

在三大电信运营商中,中国电信的平均网速最快,达到了2.63Mb/s。其次是中国移动,平均网速为2.36Mb/s,而中国联通为2.3Mb/s。

此外,该报告还显示,第四季度,中国59.27%的网民位于华东地区,24.03%位于华中,16.70%位于西部。

网民数量最多的省份是广东省,占中国网民总数的15.44%。其次是江苏,占8.14%。山东位居第三,网民数量占7.20%。

连接速度方面,2Mbps至5Mbps的连接占35.30%,小于或等于256Kbps的连接占0.33%,大于或等于5Mbps的连接占11.79%。

 

 

2012年Q4の中国ネット報告によると、

上海の平均ネット速度で、4.04MB/S。  上海が最速。

 

2012年Q4の中国全土の平均で、2.59MB/S。 Q3が2.31MB/Sだから、若干早くなってる。

上海だけが唯一中国で、4MB/Sを超えてる。

 

中国の3大キャリアの中で、中国電信が最速で、2.63MB/S。  

それから、中国移动,平均2.36Mb/s,中国联通2.3Mb/s

 

接続速度では、2Mbps〜5Mbpsが35.3%。それ以下又は256Kbpsが0.33%。5Mbps以上が11.79%を占める。

 

世界第3位の接続速度を誇る、日本で10.7 Mbpsなので、日本人にとってはやっぱり遅く感じる。

参考:世界各国の平均接続速度ランキング

 

 

まあ、中国から日本のサイトを見る場合は、GFWの影響で究極に遅いんですけどね。

 

 

だから、中国の消費者向けにサイトを構築する場合は、日本にサーバーを置くのはかなり現実的ではない。

 

 

とはいえ、中国にサーバーを置く場合は、サイトを公開するのにICPという特殊なライセンスが必要だからそれはそれで面倒なのだけれど。。。

 

 

香港にサーバーを置けばある程度早い上に、ICPの取得が必要ないから良いかも。

とはいえ、遅いことに変わりはないから、応急処置的な。

 

 

 

先日、日本基準でサイトを構築するな!っていうセミナーが東京で開かれてましたけど、正に、当たり前ながらその通りですね。

 

 

世界第三位の接続速度を誇る日本基準で考えてはいけない。

 

 

あくまで、世界の中の日本地域。

 

 

世界⇒日本であって、日本⇒世界では決してない。

 

 

当たり前のことなのに、未だに日本基準で考える人が多いな〜っていう。

 

 

 

 

  【告知】

f:id:NoBorder:20131112124537p:plainf:id:NoBorder:20131112124615p:plain

業界最安値のオリジナルタオル専門店

業界最安値保証!オリジナルマフラータオル専門店http://www.towel-festa.com/

をオープン致しました。

 

詳細は、こちらにも

 

【関連】

2013年度のタオバオTmall(天猫)の一大イベント「双十一」の取引額が凄すぎる件

広告を非表示にする