SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

中国のモバイルネットユーザー・スマホユーザーの現状 ①

中国のモバイルネットユーザー・スマホユーザー数は急激に増え続けていることは、皆さんご存知かと思う。

 

では、彼らの特徴や属性はどうなっているのだろうか?

 

統計データを基にご紹介していきたい。

 

◆中国のモバイルネットユーザー数

f:id:NoBorder:20121121014933p:plain

モバイルネットユーザー数=38800万人

うちスマートフォンユーザー数=29000万人

 

 

 

 

スマホユーザーのよく使うアプリ数

f:id:NoBorder:20121121014932p:plain

510個=43.8%

1115個=33.2%

 

5個〜15個⇒全体の77%と圧倒的多数を占めている

 

スマホユーザーがよく使うアプリの数は、スマホユーザーのアプリ総数の18.7%しか占めていない。

 

つまり、ダウンロードはするが、よく使われているのは、18.7%だけということである。

 

 

キャリア別APPダウンロード数シェア

◆APPダウンロード環境割合

f:id:NoBorder:20121121014931p:plain

中国移動=70

中国通=20.3%

中国电信=9.2%

※中国移動が圧倒的シェアを占めているが、年々シェアが落ちていっている。スマホが普及していっているにも関わらず、中国移動のネット環境が2Gであることが要因と考えられる。

 

実際、中国移動での、2Gでのダウンロードが最も多く68.4%となっている。それでも減少しており、Wifi、3Gが夫々、50.1%27.6%と続いている。

 

 

モバイルネットユーザーとモバイルブラウザユーザーの学歴

f:id:NoBorder:20121121015616p:plain

 

モバイルブラウザユーザーは、男性:60.4%と男性比率が高い。

学歴は高学歴化が進んでいる。

【その他の情報】

20歳〜29歳のユーザーが全体の約40%を占めている。

収入別では、2,000元〜5,000が最も多く約33%となっている。

都市利用者が全体の76%。その他、学生と管理職ユーザーの割合が非常に高い。

 

 

◆ブラウザ閲覧以外のモバイルネットユーザーの利用方法

小説閲覧(51%)

APPダウンロード&ゲーム(48.5%)

天気・映画情報等(45%)

 

 

 

モバイルネット利用においてユーザーが重視する項目

 操作性・ユーザービリティー(62.6%)

ネットスピード(42.4%)

安全性(31.6%)

 

モバイルユーザーが直近1週間以内でブラウザで見たサイト数

1〜3(52.8%)

4〜6(17.4%)

 

◆モバイルブラウザユーザーが最も多くアクセスするサイト種類

ニュース(61.8%)

検索サイト(45.6%)

小説サイト(44.3%)

ゲーム(26.3%)

動画(21.8%)

ソーシャルサイト(19.3%)

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

・スマホユーザー数は前年比60%で増加  2億9000万人

・よく使うアプリ数は、5個〜15個が全体の77%を占める

・よく使われるアプリは、全ダウンロード数の18%程度

・中国移動の2Gユーザーが70%を占める状況にあり、ネット環境は比較的悪い

・モバイルネットユーザーは、ほとんどが都市居住者であり、且つ、20代の若者が40%を占める。若者と高学歴者のユーザーが多い。

・モバイルネットでは、軽くて使いやすい(モバイルに適した)サイトが圧倒的に好まれる

 

 

 

 

広告を非表示にする