SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

中国木工のチカラ

中国、特に一級都市にはものすごい数の出稼ぎ労働者がいます。

 

例えば、上海の場合。

 

f:id:NoBorder:20120530025441p:plain

 

f:id:NoBorder:20120530025453p:plain

 

常住人口

2010上海市人口:2301万人。  その内外地人口:897万人(39%)

 

上海市の人口は、2000〜2010年で、628万人増加(37%増加)

 

実に、年間平均62万人増加している。

 

また、この増加人口のうち、外地人は毎年平均55万人(10%増加)増加している。

 

 

毎年の上海市の人口増加の87.75%が外地人による増加

 

 

この外地人が全て、出稼ぎ労働者ではありませんが、大学生として来海する人を除けば、割合としては出稼ぎ労働者が多いと思われます。

 

 

そんな出稼ぎ労働者の生活はというと、

 

・1部屋、10人タコ部屋、または、レストランの机を並べてベッドにして居住

・肉体労働やレストラン、物業管理、警備等の職業が多い

・食事は賄い

・数年単位の出稼ぎと決めて、上海に居住し、長期休暇を期に帰省して、そのまま戻らない

 

といった特徴があります。

 

 

これだけ見るとかなり過酷な生活環境で、イメージはあまり良くないかもしれません。

 

 

但し、最近彼らの器用さや生きる智恵等に驚かされることが多いです。

 

 

本当に尊敬に値します。

 

 

例えば、先日ある先輩から

 

家具を買ったんだけど、どうしても組み立てられない箇所があるから、誰か大工さんに組み立ててもらえない?

 

と言われ、自宅に行きました。

 

 

それから、周辺の家具屋さんに聞いてみましたが、皆さん大工ではなく営業スタッフであるため誰もできず、結局、マンションの物業管理の方にお願いしました。

 

 

 

最初は、物業管理とはいえ、普通の警備のおじさんと同じ感じなので、組み立てられるのかなぁと疑問に思いつつ部屋に戻りました。。。

 

 

 

 

ところがところが、、、実際に作業を始めてみると、、、

 

「組み立てる箇所」

f:id:NoBorder:20120528155547j:plain

 

 

「組み立て工具」

f:id:NoBorder:20120528155615j:plain

 

 

「家具をすごい勢いで組み立てていく物業管理のおじさん」

f:id:NoBorder:20120528163116j:plain

 

 

実際、先輩は3時間悪戦苦闘してもできなかったために、

 

「苛ついて、捨てようかと思った」

 

と話していたほどです。

 

 

(実際、一部木片が折れていました。。。www)

 

 

にも拘わらず、このおじさんは、15分ほどで組み立て完了!!

 

 

しかも、折れていた木片を取り除いて、別の木片を削って作ってしまってましたww

 

 

 

すごい、、、すごすぎる。

 

 

 

 

これを生活力と呼べるの変わりませんが、頼もしく感じました。

 

 

 

何事も自分でやってみて、経験していると、基礎ができあがって、色んな応用が効くようになるのでしょう。

 

 

 

 

勉強になりました。

 

広告を非表示にする