SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

中国のEC市場は、増々加熱して、、、

中国のEC市場がものすごい勢いで伸びていることは、日本でも話題だと思います。

 

じゃあ、具体的にどんな状況なんですようか?

 

まず、「ネット人口」!!

12年1月16日時点で、

5億1,300万人

 

すごいですね。。

私が、2回目の中国の渡航で上海に降り立ったのが、09年3月。

その頃で、2億4千万人で、日本の倍の人口がいますよ!っと驚いてたのを覚えてます。

 

あれから、ちょうど3年です。3年で更に倍になっちゃいました。。。

 

去年だけで5500万人増えました。

ただ、09年当時は、毎月1000万人近く伸びてた記憶があります。

 

はい、このネット人口の伸びだけでもすごいですが、当然この普及状況に合わせて、

ECを含めたネット関連のサービス市場も伸びに伸びています。

 

下記最新の11年度詳細図です。

f:id:NoBorder:20120204023310j:plain

 

EC全体で、

11年度前年度比で58%前後伸びています。

 

「市場規模&傾向」

 

■B2BのEC市場

規模:5.7万億元   成長率:38.3%     傾向:成長率は鈍化気味 ⇓  27%へ

 

 

■B2CのEC市場

規模:927億元   成長率:144.9%     傾向:成長率は若干落ちているが、それでも急激な成長中。急成長するB2Cサイトが続出している。当分は伸び続けると思われる。伸びすぎて、物流が追いつかない状況にあります。 ⇑ 

 

■ネット広告市場

規模:446億元   成長率:38.9%     傾向:成長率は38.9%を平均で維持。安定した成長。広告主数は、Q4に大幅に伸びているが、これは広東省の一部地域であった不動産抑制政策「楼市双限令」の影響。広告主数も20%前後の成長率といった状況。

 

■ネット動画市場

規模:64.5億元   成長率:105%    傾向:成長率の伸びは鈍化気味ではあるものの、それでも、100%成長を継続。⇑

 

■ネット人材募集市場

規模:190億元   成長率:72.2%     傾向:60%→80%(Q4)と成長を継続。安定した成長が見込まれている。⇑

 

■ネット旅行市場

規模:1,349億元   成長率:51.19%     傾向:安定した成長。ただ、業界の50%程度の市場シェアを「Ctrip(携程网)」というサイトが独占中。

 

■ネット決済市場

規模:2.3万億元   成長率:126.4%     傾向:これだけEC市場全体が伸びていれば、当然ですが、急激な成長率。Q1からQ4にかけて、市場規模が2.5倍に成長。⇑

 

■モバイルネット市場

規模:4.39億人   成長率:52.4%    傾向:スマートフォンの普及により、急激なモバイルネット人口の増加。因みに、上海のような大都市では、日本よりWifi環境が進んでいます。。。

 

 

 

これだけ伸びているネット業界。

特に、ECの伸びは半端ではないですね。

 

とはいえ、業界が伸びているからといって、誰でも参入すれば伸びるかというと、往々にして違います。

 

確かに、私の友人の元某商社の方も独立してB2Cのサイトを始めたところ、1年で年商3,000万元(3億7千万)まで伸びています。

 

今年の目標は6000万元だそうです。

 

ただ、更に1年前に始めて、いや、3年前に始めても年商100万元の会社もあります。

 

よく日本側の期待値が異常に高くなる会社もあるようですが、現場を知ることは非常に大切ですね。

 

出張レベルではなかなか見えて来ず、住んでみて始めて分かることは多くあります。

 

詳細については、

また今度。 

広告を非表示にする