SHANGHAI★BASE

Unbot Group CEOのブログ。中国の最新市場動向を上海から発信。越境EC・訪日インバウンド・WeChat・Weibo・EC(タオバオ)etc...

【中国投資家(VC)市況】中国の2016年のベンチャー投資市場は、冷え込んでるのか?

中国の2016年のスタートアップ投資市場は、冷え込んでいるという話を聞いたので、少し詳しく調べてみました。

 

www.199it.com

 

創投圏(VC.CN)の2017年1月16日に発表した<2016中国ベンチャー投資業界の年度市況レポート>を見つけたので、こちらをご紹介します。

 

 

<2005年〜2016年中国ベンチャー投資市場状況比較

f:id:NoBorder:20170123001528p:plain

 

このレポートによると、

2010年までは、年間200〜350億元(3,000億円〜5,500億円)程度で、件数も1,000件以内で推移。

2011年に急増してから、右肩上がりに増加傾向にあり、2015年には激増して1,293億元(約2兆円)、件数も3,445件に増加しています。

 

2016年はというと、2015年からほぼ横ばいで、1,254億元(約2兆円)、3,440件となっています。

微減といったところでしょうか。

 

この微減の状況で、投資家に「ベンチャー投資市場は、冷え込んできたのか?」というアンケートを実施した結果、約半数が「まだ冷え込んでいない」と答え、30%が「なんとも言えない」、15%が「既に冷え込んできている」と答えたようです。

 

 

<2016年中国融資案件業界カテゴリ分布>

f:id:NoBorder:20170123001532p:plain

 

融資案件の業界分布では、

1位:エンタメ 12.53%

2位:企業サービス 12.26%

3位:ネットショッピング(EC) 11.55%

4位:金融 9.90%

5位:医療・健康 7.82%

となっています。

 

エンタメは、映客(インカー)や斗鱼(ドウイー)などの生放送(直播)アプリが多いと思います。

企業サービスは、滴滴(didi)やmobikeのような配車アプリや、シェアサイクルのようなサービスでしょうか。

ネットショッピングは、小红书(RedBook)のようなネットショップモールやEC店舗アプリだと思います。

 

 

 

 

<ベンチャー投資家の注目するラウンド>

f:id:NoBorder:20170123001536p:plain

 

注目されている投資ラウンドは、

1位:Aラウンド

2位:Pre-Aラウンド

3位:エンジェルラウンド

4位:Bラウンド

となっています。

 

意外とエンジェルラウンドが3位なんですね。

中国だとエンジェルラウンドが多いイメージがありましたけど、投資市場が大きい分、リスクが大きく、なかなかエンジェルラウンドに張りづらいってことなんですかね。

 

とはいえ、2016年の中国エンジェル投資件数は、2015年の2,075件よりも減少しているものの、投資金額は、121.92億元(約1,900億円)と、2015年の101.88億元(約1,600億円)よりも約20%も増加しています。

 

これは、初期のエンジェル投資を必要とする起業家にとっては嬉しいデータかもしれないですね。

 

 

 

<ベンター投資家が毎週平均で見ている投資案件数>

f:id:NoBorder:20170123001540p:plain

 

約半数が、1件〜10件程度の投資案件を見ているとのこと。

更に、31.2%が11件〜20件、17.6%が20件以上も見ている。

 

正直、日本のベンチャー投資家がどの程度、毎週見てるか分からないですけど、どう考えても、中国のベンチャー投資家の精査数が圧倒的に多そうな感じがしますね。

 

 

<2016年中国ベンチャー投資参加機関数>

f:id:NoBorder:20170123001545p:plain

2/3の投資ラウンドが、1社での投資のようですね。

続いて、2社、3社、4社以上となっています。

 

 

 

 

<ベンチャー投資案件はどこから来るのか?リファラー>

f:id:NoBorder:20170123001549p:plain

ベンチャー投資家が、投資案件を知るきっかけは、

1/3が自ら探していて、1/3が友人の紹介、残りの大半がファイナンシャルアドバイザー経由のようです。

 

何れにしても、ほとんどが結構アナログな感じですね。

意外と、そういう投資家と起業家が出会うプラットフォームのようなものが存在しないってことなのかな。

 

 

<2016年注目の投資案件>

f:id:NoBorder:20170123001554p:plain

 

1位:映客(インカー)

生放送(直播)アプリの映客(インカー)がダントツの1位ですね。

f:id:NoBorder:20170123005428j:plain

f:id:NoBorder:20170123005433j:plain

 

www.inke.cn

 

 

 

2位:摩拜単車(モバイク)

5位:ofo

2位の摩拜单车(モバイク)も5位のofoも、共に、レンタサイクルサービスですね。

 

2016年には入ってから、上海でもシェアサイクルが街中で激増してて、僕もたまに使ってます。

f:id:NoBorder:20170123005451j:plain

f:id:NoBorder:20170123005455j:plain

 

mobike.com

www.ofo.so

 

 

 

3位:VIPKID

3位のVIPKIDは、アメリカの正規の英語の授業を1対1形式で、オンラインで受けられるサービスですね。

f:id:NoBorder:20170123005713p:plain

 

www.vipkid.com.cn

 

 

 

4位:Keep

4位は、「運動測定」と「ソーシャル」が連動したアプリですね。

これは、僕も知らなかったです。ソーシャルと連動してるので、流行りそうですね。

 

 

www.gotokeep.com

 

 

6位:papi酱(パッピーちゃん)

6位のpapi酱(パッピーちゃん)は、中国では非常に有名なネット有名人です。

短編動画の配信で人気が出て、2016年3月には1,200万元(1.8億円)の投資を受けています。

 

f:id:NoBorder:20170123011839j:plain

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

 

●参考ソース

www.199it.com

 

 

 

●関連ブログ

sugarmonkey.hatenablog.com

sugarmonkey.hatenablog.com

sugarmonkey.hatenablog.com

 

【中国農村】中国のネットショッピングは、農村の年収を急増させている?

先日1月8日に放送されたNHKの特別番組

NHKスペシャル | 巨龍中国14億人の消費革命~爆発的拡大!

の中でも、大きく取り上げられていた中国の農村ECの現状。

 

www6.nhk.or.jp

 

 

■YouTube

www.youtube.com

 

 

この番組内にも登場する、中国中のチャイニーズ・ドリームを掴もうとする若者が集まる【タオバオ村】は非常に面白かったですね。

 

 

さて、番組内にも出てますが、中国の農村では、まだまだ所得は低く、平均年収が17万円とも言われています。

 

f:id:NoBorder:20170121235256p:plain

 

 

そんな中、先日、アリババの研究機関と西南財経大学が発表した調査結果<農村ネットショッピング研究報告2016>によると、

2016年上半期の農村ネットショッピング小売総額は3,160億元(約5兆3,000億円)を超え、前年同期比13.48%の成長しており、都市部を4%も上回っているようです。

 

年間でいうと、10兆円を軽く超えてくるわけですね。

日本のB2CのEC市場規模が、約13.8兆円なので、日本のEC市場規模並みに成長してるということです。

日本は、前年比7.6%で成長してますが、中国の農村では13.48%成長。

2倍近くの成長速度です。

 

f:id:NoBorder:20170121232155j:plain

↑【四川省川北県の農村タオバオ村】

 

 

更に、注目すべきは、

ネットショッピングが、農村の世帯平均年収を2万500元(約34万円)、農村の家庭資産を21.3万元(約360万円)も引き上げているという調査結果。

 

中国家庭金融調査センターの報告では、「データ上、ネットショッピングは農村の経済発展に大きく貢献しており、今後2、3年で更に、その傾向は強くなるだろう。」としています。

 

農村のネットショッピング規模は、全国のネットショッピング小売総額に占める割合も急増しており、2016年上半期には14.14%に到達。

 

農村ネットショッピング市場の特徴は、2点!!

●1点目

農村ネットショッピング小売総額は急激に成長しており、2016年度の上期では、都市部のネットショッピング小売総額の成長率を4%も上回っている。

 

都市部ですら、10%前後の急成長を毎年続けているのに、農村のネットショッピングは、すごい伸び方をしてますね。

 

●2点目

タオバオ村が急激に増加している。

2015年に全国のタオバオ村の数は、780件だったのに対して、

2016年には、既に1,311件にまで68.1%も増加している。

 

f:id:NoBorder:20170121233911j:plain

 

1年で、タオバオで販売するための村が500件以上も増加するスピード感がスゴすぎますね。。。笑

 

中国のこういった活力とスピード感には、本当に圧倒されるし、感心させられます。

 

 

農村のネットユーザー数は、2018年に2億4,000万人に達すると言われていて、更に、ネットユーザーに占める、ネットショッピングユーザー数も60%を超えると予測されています。

 

都市部と農村では、購入する商品の趣向が明らかに違うと思うので、その辺りも考慮した商品選定や広告戦略は、今後更に重要になってきそうですね。

 

 

ネットショッピングが農村で発展すると、物流やPC教育、ネットインフラ、金融サービス等のインフラ面が急激に整備されていき、農村エリアの生活が飛躍的に向上するといったメリットもあるようです。

 

アリババは、こういった農村エリアの出稼ぎ労働者が、農村で留守番をしている子供達と無料でビデオチャットができるサービス拠点を各所に設けているようです。

f:id:NoBorder:20170121234218j:plain

↑【湖北省嘉鱼界石村のタオバオサービスステーション

 

中国は、1978年の鄧小平の【改革開放 - Wikipedia】から急激に成長してきましたが、【先富論 - Wikipedia】に基づいて、条件の整ったところから先に豊かになってきた影響で、農村部は取り残されていました。

 

ここへきて、ネットショッピングの力で、農村部にも【先富論】の恩恵が波及してきたのかもしれません。

 

中国政府は、これまでもこの広大な国土と14億人の国民の不満を反らすために、反日教育やエンタメ推進など、細心の注意を払って政治的な不安分子を排除してきましたが、ネットショッピングは、農村部の豊かさを押し上げて、思わぬ安定を生むかもしれませんね。

 

こういう記事を見ると、中国の潜在力の底知れなさをいつも感じます。

 

 

 

 

 

 

●参考ソース

www.199it.com

 

●改革開放

改革開放 - Wikipedia

●先富論

先富論 - Wikipedia

●鄧小平

トウ小平 - Wikipedia

 

●YouTube NHKスペシャル | 巨龍中国14億人の消費革命~爆発的拡大! 

 

 

 

www.youtube.com

中国ネットショッピングモール第2位の「京東(JD.com)」では、どんな物が、どれぐらい売れてるの? 物流がスゴいってホント?

『京東(JD.com)2016年第3四半期 業績』

中国ECモール市場で、アリババの天猫に次いで、第2位の京東(JD.com)が、2016年第3四半期の業績を発表しました。

 

このエントリーは、第2弾です。

第1弾は、こちらにエントリーしたので、ご覧下さい。

sugarmonkey.hatenablog.com

 

 

さて、第2弾は、

①京東(JD.com)は、どんなカテゴリの商品が、どれぐらい売れてるのか?

②京東(JD.com)の物流はそんなにスゴいの?

③京東(JD.com)は、どんな所に注力してるの?

といった内容をご紹介したいと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

まずは、

 

①【京東(JD.com)は、どんなカテゴリの商品が、どれぐらい売れてるのか?】

f:id:NoBorder:20170112200334p:plain

 

京東(JD.com)の取引額は、順調に増加!!

 

【自営店とPOP店のGMV比較】

◎京東(JD.com)の自営店取引額(GMV)

説明:京東(JD.com)が代理商となって、買取販売する小売出店形式

 

868億元(1兆4,565億円)

前年同期比 42%増

 

 

京東(JD.com)のPOP店取引額(GMV)

説明:京東(JD.com)のモールに直接出店して販売する形式(自社販売)

 

688億元(1兆1,544億円)

前年同期比 56%増

 

 

 

 

【「電子機器・家電」と「日用品・その他」のGMV比較】

京東(JD.com)の「電子機器・家電」取引額(GMV)

773億元(1兆2,970億円)

前年同期比 36%増

 

京東(JD.com)の「日用品・その他」取引額(GMV)

783億元(1兆3,138億円)

前年同期比 61%増

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

 

「電子機器・家電」と「日用品・その他」が、2大カテゴリ

f:id:NoBorder:20170112200835p:plain

 

全体的に、取引額(GMV)は30%〜60%増と急成長している。

「日用品・その他」カテゴリのGMVが前年同期比61%増と、「電子機器・家電」カテゴリの成長率(36%)を大幅に上回っている。

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

京東(JD.com)の物流はそんなにスゴいの?

f:id:NoBorder:20170112200320p:plain

中国のネットショッピング領域では、最大規模の自社物流システム

 

 

◎大型倉庫の運営棟数

254棟

※2016年9月30日時点 

f:id:NoBorder:20170112200341p:plain

 

 

 

 

◎倉庫施設の延べ面積

550万平方メートル

f:id:NoBorder:20170112200345p:plain

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

③京東(JD.com)は、どんな所に注力してるの?

f:id:NoBorder:20170112200416p:plain

ウォルマートと資本提携

2016年10月に、ウォルマート傘下のネットスーパー最大手「1号店」を、京東の5%の株式と交換する形で、買収しました。

そこで、ウォルマートは、旗艦店を単独で京東に出店しました。

また、ウォルマートの越境EC旗艦店を京東グローバルモールに出店しました。

更に、中国国内のウォルマートの実店舗を通じて、京東の速達サービス「京東到家(ジンドン ダオジャー)」の配送を行い、都市部で2時間以内の速達を実現させました。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------

f:id:NoBorder:20170112200413p:plain

 

キュレーションニュースアプリ大手「今日頭条(ジンリー トウティアオ)」と戦略的パートナーシップ締結

2016年9月に、キュレーションニュースアプリ大手の「今日頭条」と戦略的パートナーシップを締結し、互いに保有してるユーザーデータを活用したターゲティング広告を共同で開発。

 

------------------------------------------------------------------------------------------

 

f:id:NoBorder:20170112200408p:plain

大手人気ブランドとの「スーパー ブランド デイ」キャンペーンを実施

デルやフィリップス、小米(シャオミー)などの大手人気ブランドと「スーパー ブランド デイ」という大型のキャンペーンを実施し、圧倒的な売上と知名度拡大に貢献。

 

------------------------------------------------------------------------------------------

 

f:id:NoBorder:20170112200414p:plain

 

世界最大の家族経営ブランデーブランド「バカルディ」と戦略的パートナーシップを締結

世界最大の家族経営ブランデーブランド「バカルディ」と戦略的パートナーシップを締結し、中国国内でのネット販売を加速。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

【見解】

 

京東(JD.com)は、もともとパソコンや液晶、その他、家電等を専門に販売するネットモールとして急成長して来たので、「電子機器・家電」カテゴリは以前から非常に強かったです。

 

ただ、「電子機器・家電」カテゴリのGMVで、昨年、アリババが運営する天猫(Tmall.com)に、遂に抜かれてしまいました。

 

そこで、京東(JD.com)の「自社物流」という強みを最大限に活かせるカテゴリである「日用品」に圧倒的な投資をすることにしたようですね。

 

「日用品」カテゴリの商材は、京東にとって、天猫に勝る、2つの圧倒的な強みがあります。

 

●1つ目の強み

自社物流による、圧倒的な速達

 

日用品は、シャンプーやオムツ、トイレットペーパー等、特性上定期購入する商品が多く、且つ、緊急性が高いため、すぐに欲しい場合に非常に物流が重要。

●2つ目の強み

徹底した真贋調査による、本物補償イメージ

 

日用品は、口に入れたり、肌に付ける物が多いため、商品が本物である事が非常に重要。

 

 

上記、「2つの強み」は、京東が天猫に勝っている特徴で、この「2つの強み」が日用品との相性が良いため、非常に好調なGMVを維持していると思います。

 

 

また、その戦略から、日用品に圧倒的な強みがある、ウォルマート傘下の「1号店」を買収し、ウォルマートとも資本関係を結び、非常に積極的に、日用品カテゴリのユーザー囲い込みを進めています。

 

 

天猫の「天猫超市(ティエンマオ チャオシー)」という、スーパーのチャネルを持って対抗していますが、今の所、まだ、京東に優位性があるようです。

 

 

今後も、京東がこの2つのカテゴリのシェアを獲得していく上で、積極的な投資を行って行くと思われます。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

 

 

↑このエントリーの第1弾はこちら↓

【中国ECモール大手「京東(JD.com)」の2016年第3四半期 決算がスゴいw】

sugarmonkey.hatenablog.com

 

 

 

【参照ソース】

www.linkshop.com.cn

 

 

 

 

中国ECモール大手「京東(JD.com)」の2016年第3四半期 決算がスゴいw

 

『京東(JD.com)2016年第3四半期 業績』

 

中国ECモール市場で、アリババの天猫に次いで、第2位の京東(JD.com)が、2016年第3四半期の業績を発表しました。

 

f:id:NoBorder:20170111194120p:plain

 

 

京東は、アメリカのナスダックに上場しているので、アメリカ会計基準(GAAP)に基づくと、

 

【2016年第3四半期(7月〜9月)】

【主要サービス(JD.com運営)の業績は順調に成長】

●売上高

607億元(1兆185億円)

前年同期比 441億元(7,399億円)38%増

 

●売上高総利益(粗利)

96億元(1,610億円)

粗利率:15.8%

 

●営業利益

8億790万元(135億5,650万円)

前年同期比 5億349万元(84億4,850万円)51%増

 

※1元=16.78円(1月11日レート参照)

 

f:id:NoBorder:20170111194145p:plain

f:id:NoBorder:20170111194217p:plain

 

 

 

 

 

 

【京東の経常利益】

前年同期-1.796億元(30億1,368万円)の赤字に対して、今期4.010億元の黒字 

 

 

f:id:NoBorder:20170111194222p:plain

 

 

 

 

 

 

 

【京東モールの経常利益率】

前年同期0.7%に対して、今期1.1%伸張 

 

 

 

f:id:NoBorder:20170111194225p:plain

 

 

 

 

 

 

 

【純利益】

前年同期に対して、今期10倍以上の増加 

 

 

f:id:NoBorder:20170111194228p:plain

 

 

 

 

 

【京東モール(JD.com)のGMV(取引総額)】2016年第3四半期

GMV(取引総額):1,588億元

前年同期比43%増加

※スマホ通話料チャージ等のデジタル商材を除くと、1,556億元 前年同期比47%増加

 

 

f:id:NoBorder:20170111194234p:plain

 

 

 

 

 

【京東モール(JD.com)の年間アクティブユーザー数】2016年第3四半期

年間アクティブユーザー数:1億9,870万人 前年同期比57%増加

 

 

f:id:NoBorder:20170111194238p:plain

 

 

 

 

 

 

【京東モール(JD.com)の注文数】2016年第3四半期

注文数:4億120万件 前年同期比55%増加

f:id:NoBorder:20170111194242p:plain

 

【京東モール(JD.com)のモバイル端末購入比率】2016年第3四半期

モバイル端末購入比率:79.7% 前年同期比110%増加

 

f:id:NoBorder:20170111194247p:plain

 ========================================

 

 

 

 

やはり相当伸びてますね、GMVも売上も利益も

 

中国版LINEのWeChatを運営するテンセント(腾讯)との資本提携で、WeChatとの連携も強化されてる上に、昨年のネットスーパー最大手の「1号店」買収で、日用品の売上も急増してます。

 

京東は、北京に本社があり、北部には強いものの、華東地区や華南地区に弱かったですが、「1号店」の買収で、これらのエリアもカバーできるようになりました。

 

更に「1号店」は元々、アメリカウォルマートの傘下だったので、ウォルマートとの連携も強化され、非常に勢いがあります。

 

打倒アリババ(天猫、タオバオ)で、強力なエコシステムをテンセントと構築していってるので、今後も更に伸びて行く事が予想されます。

 

また、京東は、そもそもAmazonを真似たようなモールで、自社物流に非常に強く、物流網の構築にも莫大な予算を投資しています。

 

Amazonのように、短期利益よりも長期での成長を重視しているため、四半期の利益はあまり参考にならないですが、GMVやアクティブユーザー数、売上が急激に伸びているのは、それなりに投資が上手くいっていると言えるかもしれません。

 

非常に楽しみです。

 

上記の業績レポート以外にも、ユーザー数やカテゴリ別のGMV状況のレポートも出ているので、また、まとめて報告しようと思います。

 

 

【参照ソース】

www.linkshop.com.cn

 

 

【2016年】中国でネットショッピングをするのは男性?それとも、女性? 年齢層は?

2016年に中国でネットショッピングを多くしていたのは、男性?それとも、女性?

よくネットショッピングをしている年齢層は?

 

タオバオやTmallを運営しているアリババの研究機関である、「阿里研究院」が2016年のデータをまとめてくれていました。

 

f:id:NoBorder:20170107194709p:plain

 

中国のネットショッピング人口は、女性よりも男性のほう多い。

但し、女性はネットショッピングで沢山お金を使っている。

 

f:id:NoBorder:20170107194716p:plain

 

●2016年の中国ネットユーザー数の性別

女性:47%

男性:53%

 

男性のほうが、女性よりもネットユーザーが多い傾向にあります。

ちなみに、この傾向は、ネットの普及期からずっと継続していて、近年、女性のネットユーザー数がドンドン増えて、ここまで僅差になってきています。

 

注釈:上記データは、2016年6月迄のタオバオ上のデータを基にしています。

   全ネットユーザー対象ではないので、予めご了承下さい。

 

f:id:NoBorder:20170107194719p:plain

 

●2016年、中国ネットショッピングユーザーの男女比率

女性:49.4%

男性:50.6%

 

ネットユーザー比率では、女性が47%と低かったの対して、ネットショッピングユーザー比率では、49.4%まで上がっています。

 

男性よりも女性のほうが、ネットユーザーに占める、ネットショッピングユーザーが多い事が見て取れます。

 

やはりお買い物が大好きですねw

 

f:id:NoBorder:20170107194723p:plain

 

●2016年、中国ネットショッピング消費額の男女比率

女性:52%

男性:48%

 

あらら・・・驚

ネットショッピング消費額になると、なんと女性がわずかながらも抜いてしまいました。。

 

女性のネットショッピング消費欲恐るべしですw

 

ここまで見て来て分かるように、ネットユーザー自体は男性のほうが多いですが、ネットショッピングでは、ユーザー数はほぼトントンで、消費額では女性のほうが多く、ネットショッピングのターゲットとしては、女性のほうが消費しやすい事が見て取れますね。

 

f:id:NoBorder:20170107194727p:plain

 

●中国の女性ネットショッピングユーザーの年齢分布

1位:24歳以下 31.2%

2位:25歳〜29歳 25.4%

3位:35歳〜44歳 18.3%

4位:30歳〜34歳 15.6%

最下位:45歳以上 9.3%

 

29歳以下が全体の56.6%も占めています。

 

まず、この結果を見て最初に思ったのは、

タオバオユーザーのデータの影響が、かなり強いのではないか?ということです。

 

タオバオは、「C2C」で、「豊富な品数」と「安さ」が一番の売りになっているネットモールなので、B2Cの天猫やJDに比べると「本物志向」よりも「値段志向」のユーザーが多く、年齢層もかなり低くなりがちです。

 

この影響から、29歳以下の割合が56%も占めているように思います。

 

ただ、驚いたのは、30代前半よりもアラフォーの比率が高い事です。

年齢層が低いほうがネットショッピングのような新しいサービスへの浸透が早いのは理解できますが、3位、4位では逆になっています。

 

もしかすると、各年齢層の購買商品カテゴリの違いが大きく影響しているかもしれません。

 

例えば、30代前半の方は、小さい子供がいる過程が多く、マタニティカテゴリの商品では、「値段志向」よりも「本物志向」が優先され、タオバオ以外の「信頼出来る」JDやTmallなどのネットモールでの購買傾向が多くなる。等です。

 

この辺りの、ネットモールの使い分けについても、次回ご紹介していきたいと思います。

 

 

【データソース】

199IT 中文互联网数据咨询中心(中国語インターネットデータコンサルティングセンター)

www.199it.com